スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フエルトバッグ 作り方

あもちゃんとアナンダのフエルトバッグづくり講習行きました

前回復習しなかったらやり方すぐに忘れちゃって
ティーコゼ作りがみごとに失敗したので
今回は注意点も書いておこう

今回のバック 大きさは横30 縦20 マチ8
フエルトの量は本体が150グラム 
持ち手は好きな長さ&太さ 
私は2本分あもちゃんは3本分の太さ


110506 (6)
☆持ち手の両はしはあとで本体に引っ付ける為
 水が入らないようビニールでカバーをしておく
☆フエルト化して小さくなるので一回り大きめの型を用意


110506 (7)
持ち手からスタート
少しねじった持ち手に石鹸水をかけ
こすらないで押しながらよく水分を含ませる。
次にまきすで巻く。最初は優しく、少し固まってきたらごしごしと。
最後は手でこすってしっかりフエルト化させる。
☆石鹸水は熱めの方がフエルト化しやすい


110506 (8)
両端を残してフエルト化できた持ち手
植物の茎みたい


110506 (9)
本体の型にうすーくさいた羊毛を繊維をそろえて敷き詰める。
1段目縦2段目横・・・と交互に重ねていく
☆厚さが均等になるように注意。

石鹸水をたっぷりかけてよく馴染ませる。
よく水を含んだらネットをかけ手にビニール袋をかぶせて優しくこする。
少し毛がくっつき始めたら持ち手の先のほわほわ部分で本体をはさみこむ
羊毛が固まってきたら縦横斜めいろんな方向から力を入れてこする。

 ☆型のラインからずれると端にお団子状塊ができるので注意。
 ☆最初から力を入れてこするときちんとフエルト化しないでよれたりするので注意。
 ☆持ち手と本体のつなぎ目等ぱさぱさしがちなところには固形石鹸を塗りつけると
  しっとりなじみやすい。

型からはみ出た部分は裏に折り込みフエルト化させて馴染ませる。

しっかり固まってきたら縦横斜めからタオルで巻いて縮ませる。
 ☆この段階では形のゆがみは引っ張って直せる。
 
110506 (16)

石鹸水を洗い流し脱水し形を整えて乾かす。

かなり完成に近づいた
左があもちゃん 右が私のバック
ここまで4時間!
つかれたび~

家で水玉をつけてできあがり~!

110507 (1)

110507 (2)

110507 (3)
白と紺の水玉をちくちくしてみた
紺の配置がちょっと悪いなー


何年も置いてあったジジのカット毛
昨日捨てたとこだったけどお店の人に
「もったいないー 紡いだらいいのにー」と言われて
帰ってゴミ袋から回収

糸つむぎを習ってジジ毛糸にするか
ちくちくでジジぬいぐるみを作ろう
とにかくまずは洗おう 汚い・・・

トラックバック

コメント

みずたま♪
できたねー!
裏表で水玉の色違うの面白い~(^^)
私も家で形整えたよ、お店より更に縮んだかも。

4時間はさすがに腰にきたぁー
でも楽しいからやめられないね。
今度は何を習いにいこうかね。ムフフ
習い事、楽しそう。

糸つむぎ、私も習おうかと思っています。
どこかいい教室ないかなー。
でも、冷静に考えると編み物ができないのだった。
  • 2011-05-10│00:12 |
  • あんず URL│
  • [edit]
あもちゃん
あ、お返事書こうと思ったら1ヶ月近く前・・・
すいません
5月激いそがしでした

またなにか習いに行こうね
楽しい♪
  • 2011-06-03│14:49 |
  • じじてん URL
  • [edit]
あんずさん
あんずさんも遅くてスイマセン・・・

糸つむぎ、
なんか昔のあばあさんのようで
風情があって楽しそうでした
私も編み物できないけど
ジジ毛糸作って記念に取って置こうかと思ってます
  • 2011-06-03│14:51 |
  • じじてん URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

てん ♀人

Author:てん ♀人
はちみつ(中)♂シュナ
めいぷる(小)♀シュナ
らむね(中)♂ねこ
りんりん(小)♀ねこ 新入り
だんな(でか)♂人
2人4匹ののほほん生活

ジジ(ちび)♀ 13/10/11天国へ
ベンジャミン(でか)♂ 13/6/2天国へ

カレンダー


07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

いつでも里親募集中

最近の記事

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。